歯槽膿漏などでは、口の中に数多くの細菌が繁殖しており、膿などもたまっています。そのため、口臭として感じることがあります。歯槽膿漏の処置をしていけば、口臭もおさまってきます。

 歯周検査

BANAペリオ
歯垢内の歯周病細菌の数を測定する器械です。

ペリオスクリーン
唾液中に混じった微量の血を検出し、歯周病に見られる出血の反応を簡単に診断します。
位相差顕微鏡
歯垢や唾液の中の歯周病菌の存在を確認します。歯周病菌のいるお口は要注意です。

 歯周治療(スケーリングなど)

超音波のスケーラーを用いて、歯の表面に付着した歯垢、歯石、沈着物などを除去します。歯垢のつきにくい滑沢な歯の表面を回復します。汚れが落ちますので、見ためにもきれいになります。


 プロフィー

歯のクリーニング後、口元を美しくするため、エアーフローパウダーが超微細なウォータースプレーとともに噴出し、しつこい汚れや着色(緑茶、ウーロン茶、紅茶、コーヒー、赤ワイン等)タバコのヤニを素早く除去します。イメージとしては、車の洗車のときに使用するジェット洗浄器のようなものです。これを行うことにより、歯面を傷めず、素早く簡単にきれいに汚れが取れ、エアーフローで洗浄した歯面はプラーク等がつきにくい状態になります。


 外科処置

重度の歯周病によってやせてしまった歯ぐきや歯槽骨などの歯周組織の再生を誘導する手術です。


 レーザー

歯ぐきの中の歯石を除去、腫れた歯ぐきの切開などを最小限の痛み、出血で行うことができます。そのうえ、レーザーには殺菌効果もありますので歯周病菌を死滅させ、歯周病の進行を防ぐこともできます。



copyright (C) Agariguchi Dental Clinic